札幌の交通事故に強い弁護士サイト。後遺障害事案で圧倒的な解決実績!
最近の解決実績

裁判

むちうちによる後遺障害14級9号の事案で裁判により裁判基準による賠償額を獲得した事案【75】

事故態様 相談者は、30代の主婦の方で、自動車を走行中に後方から進行してきた加害者運転車両に追突されるという交通事故にあいました。 ご相談のきっかけ 相談者は、保険会社の事前認定の手続によりむちうちの症状で後遺障害14級 …

右上腕骨頚部骨折後の右肩関節の機能障害の後遺障害等級10級10号の事案で、裁判により適正な賠償額を獲得【69】

事故態様 相談者は、80代の男性で、交差点の横断歩道を青信号で歩行中に、右折してきた自動車に衝突されるという交通事故にあいました。 ご相談のきっかけ 相談者は、右上腕骨頚部骨折後の右肩関節の機能障害の後遺障害等級10級1 …

むちうちによる後遺障害14級9号の事案で裁判により裁判基準による賠償額を獲得【61】

事故態様 相談者は、40代の男性で、自動車を運転して交差点に進入した際、一時停止を無視して進行してきた加害者運転の普通乗用自動車が衝突しされるという交通事故にあいました。 ご相談のきっかけ 相談者は、むちうちの後遺症がひ …

死亡事故で、当初は相手方から過失割合を主張され、提示額も保険会社基準のかなり低額あったものを、裁判により被害者の過失をゼロとし、また、賠償額も裁判基準の4500万円を獲得【59】

ご相談のきっかけ 相談者は、被害者の長男の方で、横断歩道を青信号で歩行中に右折してきた自動車に轢かれてお母様を亡くされたという事案でした。加害者の対応が悪く、過失割合も相手方保険会社から主張されているということでご相談に …

死亡事故で、遺族の方は人身傷害保険金の支払いを受けており、それで損害は全て賄われているとして保険会社の提示額ゼロであったものを、裁判を起こすことで約850万円の増額に成功【2】

ご相談のきっかけ 相談者は、被害者の長女の方で、横断歩道を青信号で歩行中に、直進してきた自動車に轢かれてお母様を亡くされたという事案でした。 相手方保険会社は、遺族の方が人身傷害保険金の支払いを受けており、それで損害は全 …

醜状障害による後遺障害等級14級10号の事案で、裁判により後遺障害等級12級14号相当として賠償額を600万円増額させた事案【49】

事故態様 小学校入学前の被害者が、信号機の設置されていない横断歩道を横断していたところ、停止することなく直進して自動車に衝突されるという交通事故にあい、額に傷が残ってしまいました。 ご相談のきっかけ 親御さんから息子が醜 …

PAGETOP