札幌の交通事故に強い弁護士サイト。後遺障害事案で圧倒的な解決実績!

症状固定時のアドバイス

弁護士によるサポート内容

症状固定時のアドバイスをします。

後遺障害等級を獲得するためには後遺障害診断書の内容が最も重要になります。

症状固定時には、後遺症の症状に応じて必要な検査を受け、医師に後遺障害診断書に的確に記載してもらう必要があります。

例えば、鎖骨の骨折の場合、変形障害が残存することが多く見られ、この場合後遺障害等級12級5号が認められるのですが、後遺障害診断書にその記載が抜け落ちていることもあり、その場合には後遺障害等級は認められません。

当事務所では、症状固定時の後遺障害診断書の作成についてアドバイスを行い、的確な後遺障害等級が認定されるようサポートをしています。

shitatel

shitaotoiawase

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
交通事故に強い弁護士紹介

 

akiya2016

代表弁護士
秋谷 剛志(あきや つよし)
主な取り扱い分野
交通事故の損害賠償請求

 

 

kao03

弁護士
菅井 勇人(すがい はやと)
主な取り扱い分野
交通事故の損害賠償請求

 

chiimu

安心の弁護士費用

 

 

hiyou_botan

 

okyaankert

 

アクセス

 

sadotel

 

jrtawa

 

furoadaid

 

 

eria


toiawase_botan
PAGETOP