札幌の交通事故に強い弁護士サイト。後遺障害事案で圧倒的な解決実績!

高次脳機能障害について

  • HOME »
  • 高次脳機能障害について

kouzinou

高次脳機能障害とは、脳に重大な損傷を負い、一見普通に見えても、以前と比較すると記憶力が低下していたり、感情のコントロールができなくなっていたり、作業の反復継続ができなくなっていたりといった症状があらわれ、高度な脳機能が障害された状態を言います。

【高次脳機能障害の症状】
・同じ話を繰り返しするようになった
・記憶力が以前よりも大きく低下した
・新しいことを覚えることができない
・感情のコントロールができず、怒りやすく暴力を振るうことがある
・人の会話がうまくできないようになった
・事故前と人格が変わってしまった

身体的な症状はほぼなないか軽度なものですが、感覚障害、言語障害、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの症状により、日常生活や社会生活に大きな影響を及ぼします。

しかし、CTやMRIなどの頭部画像に異常が見られず、外見にも全く変化の無い場合が多いため、周囲の人に気づいてもらいにくかったり、被害者自身も自覚がないといったこともあり、交通事故との因果関係の立証が特に難しい障害です。

交通事故による脳外傷によって高次脳機能障害が残存することとなってしまった場合、適切な後遺障害の認定を受け、適正な賠償金を獲得することが、以後の最低限の生活保障となってきます。

ご家族やご友人が「もしかしたら高次脳機能障害かもしれない」と感じられた場合、まずはご相談下さい。
当事務所では、高次脳機能障害について
① ご相談を受け、
② 後遺障害等級獲得手続を進め、
③ 賠償請求手続を行う体制がきっちりとできあがっています。

 

高次脳機能障害の事例紹介

高次脳機能障害の被害者の方について被害者請求により7級4号を獲得し、交渉により迅速に裁判基準である5300万円を獲得した事案【72】

shitatel

shitaotoiawase

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
交通事故に強い弁護士紹介

 

akiya2016

代表弁護士
秋谷 剛志(あきや つよし)
主な取り扱い分野
交通事故の損害賠償請求

 

kao02

弁護士
中村 真人(なかむら まさと)
主な取り扱い分野
交通事故の損害賠償請求

 

kao03

弁護士
菅井 勇人(すがい はやと)
主な取り扱い分野
交通事故の損害賠償請求 

 

chiimu

安心の弁護士費用

 

sadehiyou

 

hiyou_botan

 

okyaankert

 

アクセス

 

sadotel

 

jrtawa

 

furoadaid

 

 

eria


toiawase_botan
PAGETOP