交通事故で頭を強く打ち、硬膜下血腫やクモ膜下血腫の診断を受けた方はかなり注意が必要です。高次脳機能障害の後遺症が残っている可能性があるからです。

硬膜下血腫やクモ膜下血腫の診断の場合、ほとんどの医師は高次脳機能障害とは判断しません。さらにいえば後遺症が残るとは考えないことが多いです。
これは硬膜下血腫では頭の骨折や脳挫傷がなく、溜まっていた血がひけば、後遺症は残らないと考える医師が多いからです。

しかし、実際に硬膜下血腫の診断でも高次脳機能障害として後遺障害等級が認められることがあります。どうしてこのような後遺障害等級の結果と医師の見解とが異なる事態が生じるかというと、治療と後遺症の観点が大きく違うからです。

硬膜下血腫やクモ膜下血腫の診断を受けた方で実際は高次脳機能障害なのに、見過ごされてしまい、後遺症の申請さえしていない方が多いのです。
高次脳機能障害が見過ごされると被害者本人及びご家族の生活が破綻してしまいます。

そのため、硬膜下血腫やクモ膜下血腫の診断を受けた方は、高次脳機能障害の見過しがないようにするため、当事務所にご連絡下さい。当事務所で頭部の画像を全てチェックして高次脳機能障害の見過ごしを防ぎます。

高次脳機能障害のページはこちら