札幌の交通事故に強い弁護士サイト。後遺障害事案で圧倒的な解決実績!

むちうちの後遺症がひどい

  • HOME »
  • むちうちの後遺症がひどい

whiplash01

むちうちは、交通事故で発生する典型的な症状で、交通事故での半数以上がこの症状になります。

むちうちの症状は、リハビリと時間の経過によって改善していくことが多いですが、十分に治療をしても治りきらないことも多く、後遺障害の認定対象となります。

しかし、むちうちは、MRI画像などの他覚的な検査で確認されにくいことも多く、証明が難しく、後遺障害として認められにくい傾向があります。 そこで、むちうちで後遺障害の認定を受けるには、適切な治療と検査による立証がポイントとなります。

むちうちの症状でしっかりと後遺障害等級を獲得することが弁護士にとって腕の見せ所であり、しっかりとしたサポートによって後遺障害等級を獲得することが必要になります。

また、むちうちの場合、後遺障害等級14級を超えて12級がとれるかどうかが非常に重要になります。むちうちの場合、最初の申請で12級が認められる事案はほとんどありません。
むちうちの症状がとてもひどくても14級しか認められていない方が多いのはここに理由があります。

つまり、むちうちで12級の認定を受けるためには、異議申立て手続きをしっかりと行う必要があるのです。

むちうちで14級から12級に上げることができるかは難易度が高いため弁護士の腕の見せ所になります。
当事務所では、異議申し立てにより12級を獲得した実績を有しており、ノウハウを蓄積しております。

むちうちの症状がひどいにもかかわらず12級が認められていない方はご相談下さい。

 

むちうち関連事例

頚椎捻挫のむちうちの症状で後遺障害等級が非該当とされたものを異議申し立ての結果、後遺障害等級14級9号が認定された事案【80】

頚椎捻挫のむちうちの症状で後遺障害14級9号であったものを異議申し立ての結果、後遺障害12級13号が認定された事案【79】

被害者請求により頚椎捻挫のむちうちの症状で後遺障害14級9号を獲得した事案【51】

shitatel

shitaotoiawase

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
交通事故に強い弁護士紹介

 

akiya2016

代表弁護士
秋谷 剛志(あきや つよし)
主な取り扱い分野
交通事故の損害賠償請求

 

 

kao03

弁護士
菅井 勇人(すがい はやと)
主な取り扱い分野
交通事故の損害賠償請求

 

chiimu

安心の弁護士費用

 

 

hiyou_botan

 

okyaankert

 

アクセス

 

sadotel

 

jrtawa

 

furoadaid

 

 

eria


toiawase_botan
PAGETOP