札幌の交通事故に強い弁護士サイト。後遺障害事案で圧倒的な解決実績!

死亡事故でご家族を亡くされた方へ。

  • HOME »
  • 死亡事故でご家族を亡くされた方へ。

死亡事故の慰謝料請求について

不幸にしてご家族が交通事故で亡くなってしまった場合、被害者が受けた損害は、原則、相続人が請求することになります。

損害の主な項目としては、治療費、葬儀費、死亡していなければ得られたであろう利益、慰謝料があげられます。

1.死亡慰謝料

死亡した被害者本人と遺族の精神的苦痛に対する賠償です。 死亡慰謝料は、被害者の年齢や家族構成などによって変わりますが、裁判基準では2000~2800万円とされています。

2.死亡逸失利益

被害者が事故に遭わずに生きていれば得られるはずであった将来(見込み収入)のことを死亡逸失利益といいます。

死亡による逸失利益は、
「年収×(1-生活費控除率)×就労可能年数×ライプニッツ係数」
という式で算出されます。

この逸失利益は、職業や年齢などによって変わってきますので、専門家にご相談されることをお薦めします。

3.葬祭費と弁護士費用

遺族は加害者に対して葬祭費を請求することができます。 また、損害賠償の訴訟を起こした場合には、弁護士費用の一部を請求することもできます。

交通事故により、ご家族を亡くされた悲しみは想像を絶するものがあると思います。加害者や保険会社とのやり取りも極めて大きな負担になります。
ところが、保険会社は正当な賠償金額を提示してこないこともあります。 被害者は、保険会社からの提示額が正当であるか十分に検討する心の余裕も時間もなく、ましてや保険会社と交渉することができる状態にはありません。

当事務所では、交通事故の死亡案件について多数の実績があり、被害に遭われた皆様のお力になれればと思っております。

 

死亡事故の解決実績

・死亡事故で相手方保険会社より自賠責分の提示しか受けていなかったケースで交渉により760万円増額させた事案【140】

・死亡事故で、相手方から高めの過失割合を主張され、提示額もほぼ自賠責基準のかなり低額あったものを、交渉により被害者の過失を2割まで下げ、また、賠償額を裁判基準の3300万円まで増額させたケース【121】

・死亡事故で、当初は相手方から過失割合を主張され、提示額も保険会社基準のかなり低額あったものを、裁判により被害者の過失をゼロとし、また、賠償額も裁判基準の4500万円を獲得【59】

・死亡事故で当初は1200万円の提示であったが、1700万円の増額に成功【6】

・死亡事故で、遺族の方は人身傷害保険金の支払いを受けており、それで損害は全て賄われているとして保険会社の提示額ゼロであったものを、裁判を起こすことで約850万円の増額に成功【2】

shitatel

shitaotoiawase

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
交通事故に強い弁護士紹介

 

akiya2016

代表弁護士
秋谷 剛志(あきや つよし)
主な取り扱い分野
交通事故の損害賠償請求

 

 

kao03

弁護士
菅井 勇人(すがい はやと)
主な取り扱い分野
交通事故の損害賠償請求

 

chiimu

安心の弁護士費用

 

 

hiyou_botan

 

okyaankert

 

アクセス

 

sadotel

 

jrtawa

 

furoadaid

 

 

eria


toiawase_botan
PAGETOP