札幌の交通事故に強い弁護士サイト。後遺障害事案で圧倒的な解決実績!

後遺障害の手続を保険会社に任せていいのか

  • HOME »
  • 後遺障害の手続を保険会社に任せていいのか

交通事故で怪我を負ってしまい、後遺症が残ってしまった場合、後遺障害等級の認定を申請することが必要になるのですが、この手続について加害者側の保険会社が行う事前認定の手続と、被害者(弁護士)が行う被害者請求の手続の2つがあります。

そして、「どちらの手続を選択すべきでしょうか?後遺障害の手続を保険会社に任せていいのでしょうか?」という質問をよく受けます。
しかし、後遺障害等級の申請については、被害者(弁護士)が行う被害者請求の手続をとるべきです。なぜなら、加害者側の保険会社が申請を行った場合、後遺障害等級が認められると、申請した保険会社自身が高額な賠償額を支払わなくてはいけないことになり、申請手続自体が加害者側の保険会社の利益が相反しているからです。

自分でがんばればがんばるほど自分が損害を被ることになることを保険会社が死にもの狂いでやってくれるということは、そもそも制度の仕組みからして考えにくいのです。

また、例えば、高次脳機能障害になってしまったケースでは、非常に多くの検査を医療機関で適切に受けてもらう必要があり、かなりの労力がかかりますが、利益が相反する立場の保険会社が必死になってやることもやはり考えにくいのです。

交通事故にあってしまい、重大な後遺症が残りそうな場合には、被害者請求の手続によって後遺障害等級申請をすることは不可避になっています。

当事務所では、後遺障害等級の申請について、原則、被害者請求の手続で対応しており、被害者請求の実績も多数あって、ノウハウの蓄積がありますので、ご気軽にご相談下さい。
 

関連事例

被害者請求により尾骨部受傷に伴う尾骨部の痛みについて14級9号が認められた事案【84】

被害者請求により左大腿骨顆上骨折後の左膝の痛みについて12級13号が認められた事案【82】

TFCC(三角線維軟骨複合体)の断裂による手関節の痛みの症状で後遺障害12級13号が認定された事案【81】

高次脳機能障害の被害者の方について被害者請求により7級4号を獲得し、交渉により迅速に裁判基準である5300万円を獲得した事案【72】

被害者請求により左膝後十字靭帯損傷、後外側支持機構損傷後の左膝痛について14級9号が認められた事案【60】

被害者請求により顔の額の醜状障害により後遺障害12級14号を獲得した事案【57】

被害者請求により左手関節の正中神経傷害の後遺障害に関して14級9号を獲得した事案【56】

被害者請求により頚椎捻挫のむちうちの症状で後遺障害14級9号を獲得した事案【51】

被害者請求により腰椎捻挫のむちうちの症状で後遺障害14級9号を獲得した事案【47】

被害者請求により膝の疼痛の症状で後遺障害12級13号を獲得した事案【46】

被害者請求により脊髄の後遺障害として後遺障害9級10号を獲得した事案【33】

右肩鎖骨関節脱臼後の右鎖骨遠位端部の変形障害12級5号の事案で400万円増額した事案【31】

shitatel

shitaotoiawase

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
交通事故に強い弁護士紹介

 

akiya2016

代表弁護士
秋谷 剛志(あきや つよし)
主な取り扱い分野
交通事故の損害賠償請求

 

 

kao03

弁護士
菅井 勇人(すがい はやと)
主な取り扱い分野
交通事故の損害賠償請求

 

chiimu

安心の弁護士費用

 

 

hiyou_botan

 

okyaankert

 

アクセス

 

sadotel

 

jrtawa

 

furoadaid

 

 

eria


toiawase_botan
PAGETOP